専攻科(高松キャンパス)

創造工学専攻
教育内容について
創造工学専攻では,第1学年においては専門科目の講義,実験実習,特別研究に重点を置き,第2学年においては講義や実験実習が減少し特別研究にさらに重点をおいた科目配置となっています。また,周辺分野・関連分野の知識修得のために,コース及び専攻を越えて科目を履修することも可能としています。さらに,大学等で修得した単位を一定の範囲内で専攻科の修得単位として認めることもしています。
教育課程は,「教養科目」,「工学基礎科目」及び「専門科目」の3種類の科目群から構成されています。
(教養科目)
「教養科目」は社会人として必要な一般教養科目をまとめたものであり,4コース共通となっています。「経営論」,「実践英語」の4単位を必修とし,「法学」,「古典文学」を選択科目としています。「工学基礎科目」と合わせて16単位以上修得することを修了要件としています。
(工学基礎科目)
「工学基礎科目」は専門科目の基礎となる自然科学,工学系科目をまとめたものであり,4コース共通となっています。「技術者倫理」,「数学特論T」の4単位を必修とし,他に,16単位を選択科目として開設しています。「教養科目」と合わせて16単位以上修得することを修了要件としています。
(専門科目)
「専門科目」はコースごとに定め,このうち「工学実験・実習T」,「工学実験・実習U」,「特別研究」の合計20単位を4コース共通の必修科目としています。その他の「専門科目」は選択科目とし,その一部を,各コースの目的と関連性をもとに,コース指定必修科目またはコース指定推奨科目として指定します。また,周辺分野・関連分野の知識の修得を可能とするための,コースの枠を越えて選択科目を履修することが可能となっています。

創造工学専攻 課程表
Web シラバス