創造基礎工学系(高松キャンパス)


建設環境工学科(本科)の学習・教育目標



A.

広い視野を持ち,自然との調和を図り,人類の幸福に寄与できる技術者を養成する。
[倫理]
  (A-1) 社会や文化に関する教養と社会人としての広い視野を身につける。
  (A-2) 建設技術者としての行動が社会や自然に及ぼす影響について考える力を身につける。

B.

科学技術の基礎知識と応用力を身につけ,時代の変遷に対応できる技術者を養成する。
[知識]
  (B-1) 工学分野の基礎となる自然科学の基礎知識を身につける。
  (B-2) 専門分野に関する基礎知識を身につける。

C.

課題解決の実行力と創造力を身につけ,社会に有益なシステムを構築できる技術者を養成する。
[実行力]
  (C-1) 課題に対して自発的に取り組み,成果物を指定された期限までに完成できる。
  (C-2) 簡単な実験報告書,設計書,図面などを作成できる。

D.

物事を論理的に考え表現する能力を身につけ,国際的に活躍できる技術者を養成する。
[コミュニケーション]
  (D-1) 日本語で論理的に記述,説明する能力を身につける。
  (D-2) 英語による基礎的なコミュニケーション能力を身につける。
  (D-3) 様々なスポーツ活動を通じて,社会性・協調性を身につける。

 

 


建設環境工学コース(専攻科)の学習・教育目標



A.

広い視野と技術者としての倫理観
[倫理]
  (A-1) 広い視野を持ち,地球規模での環境問題やエネルギー問題などの社会問題を認識し,それらを説明できる。(広い視野)
  (A-2) 建設技術者として,その行動が社会や自然に及ぼす影響と責任を認識し,技術者として持つべき倫理観について自己の意見を説明できる。(技術者倫理)

B.

科学技術の基礎知識と応用力
[知識]
  (B-1) 自然科学(数学,物理,化学)に関する十分な基礎知識を持ち,応用問題を解いたり,資料・文献等を用いて問題を解決したり,報告書をまとめたりすることができる。(自然科学の基礎知識)
  (B-2) 専門分野(土木工学)に関する十分な基礎知識を持ち,応用問題を解いたり,資料・文献等を用いて問題を解決したり,報告書をまとめたりすることができる。(土木工学の基礎知識)

C.

課題解決の実行力と豊かな創造力
[実行力]
  (C-1) 課題に対して自発的に取り組み,創意工夫できる力を身につける。(課題の遂行)
  (C-2) 特別研究のテーマについて,計画を立案し,実行し,結果を取りまとめ,報告書を作成する一連の作業に自発的に取り組み,指定された期限までにそれをやり遂げられる。(特別研究の遂行)

D.

論理的なコミュニケーション能力
[コミュニケーション]
  (D-1) 課題に対する成果について,報告書,概要集原稿,論文集原稿などの形でまとめることができる。(報告書等の作成)
  (D-2) 課題に対する成果を研究室内,研究発表会,学術講演会などで口頭発表し,質問に対して対応できる。(口頭発表と質疑応答)
  (D-3) 英語でアブストラクトを書くことができる。(基礎的な英語力)

E.

総合的な設計能力
[統計]
  (E-1) 専門科目の知識を応用し,必要な資料を調べながら社会基盤に関する設計を行うことができる。(設計力)
  (E-2) コンピュータおよび様々なアプリケーションソフト・機器を有効に利用して設計に用いることができる。(コンピュータ等の有効利用)

 




■香川高等専門学校
■高松キャンパス
■詫間キャンパス
〒761-8058 香川県高松市勅使町355
〒761-8058 香川県高松市勅使町355
〒769-1192 香川県三豊市詫間町香田551
TEL.087-869-3811 FAX.087-869-3819
TEL.087-869-3811 FAX.087-869-3819
TEL.0875-83-8506 FAX.0875-83-6389
Copyright(C)2009 National Institute of Technology, Kagawa College All Rights Reserved.