工学セミナーI: 紙飛行機の製作

まずは、練習で厚紙を用いて作る。 以下は、おおよその数値(無次元 or cm or cm^2)です。
-------------------------------------------------------------
片岡1号機

翼幅                     Ww = 19.6
主翼面積                 Sw = 58.96
主翼の空力平均翼弦長     Lw = 3.01
主翼アスペクト比         AR = 6.5
水平尾翼モーメントアーム Lh = 7.0
垂直尾翼モーメントアーム Lv = 9.0
水平尾翼面積             Sh = 39.0
垂直尾翼面積             Sv = 6.05

水平尾翼容積 Vh = (Sh*Lh)/(Sw*Lw) = 1.54
垂直尾翼容積 Vv = (Sv*Lv)/(Sw*Ww) = 0.047

-------------------------------------------------------------
坪井1号機

翼幅                     Ww = 21.0
主翼面積                 Sw = 63.0
主翼の空力平均翼弦長     Lw = 3.0
主翼アスペクト比         AR = 7.0
水平尾翼モーメントアーム Lh = 8.0
垂直尾翼モーメントアーム Lv = 9.0
水平尾翼面積             Sh = 35.0
垂直尾翼面積             Sv = 4.4

水平尾翼容積 Vh = (Sh*Lh)/(Sw*Lw) = 1.48
垂直尾翼容積 Vv = (Sv*Lv)/(Sw*Ww) = 0.030

-------------------------------------------------------------
横内1号機

翼幅                     Ww = 12.0
主翼面積                 Sw = 34.2
主翼の空力平均翼弦長     Lw = 2.85
主翼アスペクト比         AR = 4.2
水平尾翼モーメントアーム Lh = 10.0
垂直尾翼モーメントアーム Lv = 10.0
水平尾翼面積             Sh = 20.8
垂直尾翼面積             Sv = 8.13

水平尾翼容積 Vh = (Sh*Lh)/(Sw*Lw) = 2.134
垂直尾翼容積 Vv = (Sv*Lv)/(Sw*Ww) = 0.198

-------------------------------------------------------------
澤田1号機

翼幅                     Ww = 15.0
主翼面積                 Sw = 37.5
主翼の空力平均翼弦長     Lw = 2.5
主翼アスペクト比         AR = 6.0
水平尾翼モーメントアーム Lh = 8.24
垂直尾翼モーメントアーム Lv = 8.24
水平尾翼面積             Sh = 10.85
垂直尾翼面積             Sv = 2.975

水平尾翼容積 Vh = (Sh*Lh)/(Sw*Lw) = 0.954
垂直尾翼容積 Vv = (Sv*Lv)/(Sw*Ww) = 0.0436

重心位置は、72 パーセントです。
-------------------------------------------------------------

1号機の経験を元に、2号機の製作に取り組む。
これまでの上のような厚紙から、ケント紙(AGケント紙)に移る。
実際に飛ばしたときの様子です。