情報基盤センター(高松)の設備
 
 集合教育演習システム

 合計190台のハードディスクイメージ自動復帰方式のクライアントコンピュータが、4つの演習室に分けて設置されており、コンピュータリテラシー教育、プログラミング教育および工学系アプリケーションソフト(Matlabなど)を使った演習授業などに使われている。

      各演習室        
 

   


 
 
第一演習室
   
第二演習室
 
           
 
第三演習室
   
 
 
第三演習室
   
マルチメディア教室
 

 

構内ネットワークシステム

 

 センター内のネットワーク管理室に設置された Gigabit Ethernet Switch を中心として,スター状のトポロジー配線によって専攻科棟及び各学科棟,事務部(医務室,学生寮を含む)を結んでいる。これらの8つのサイト間は,10 G bpsの高速光回線で結ばれており、マルチメディア情報をお互いに転送できる。また、詫間キャンパスとは 200 M bpsの専用回線によって結ばれている。学外には,学術情報ネットワーク (SINET) と 1 G bps の専用回線によるIP(Internet Protocol)接続を行っており,SINETを経由したインターネットの利用及び大阪大学大型計算センター等の利用が可能である。
教育支援システムとして、E-Lerning サーバーとWeb遠隔講義システムが設置されている。


 
設置機器
 
 

ネットワーク管理室
Network management room

ギガビットスイッチ             8 台
ファイヤーウォール             1 台
e-learning システム(WebClass, NetAcademy2) 2 式
Web 遠隔講義システム            1 式