組込み技術

趣旨
 
 自動車,携帯電話,家電等を安全・確実・効率よく利用するため開発されている「組込みシステム」は,今や私たちの生活を支える必要不可欠な技術であり,今後さらに拡大されるものと予想されます。また,組込みシステムは,多くの産業の中核技術として今後も益々重要であり,我が国の製造業を支える存在です。ところが,現在この組込み技術者の人材不足が深刻な状況であり,技術者育成が大きな課題となっています。経済産業省の「2006年版組込みソフトウェア産業実態調査報告書」では,『組込みソフトウェア技術者は前年比で11%増加したが不足技術者数は昨年比32%増の約7万人である』,と指摘しており,組込み技術者の養成は急務な状況であります。

 高松高専では,学生のみならず地域企業の技術者を対象として,組込み技術に関する初級から中級・実践コースの幅広いセミナーを提供します。

戻る 

組込みとは...

 

 

 

 

  • 産業機器や家電製品などに内蔵される,特定の機能を実現するためのコンピュータシステム(出典:IT用語辞典)
  • 例えば
    • 通信機器(電話,携帯電話,FAXなど)
    • 運輸機器(自動車,電車,航空機,船舶など)
    • FA機器(NC加工機,工業用ロボットなど)
    • 家電製品(洗濯機,電子レンジ,エアコンなど)
    • AV機器(テレビ,ビデオ,オーディオなど)
    • 娯楽機器(ゲーム機,パチンコ,カラオケなど)
    • OA機器(プリンタ,スキャナ,コピー機など)
    • 医療機器(心電計,CT,MRI,レントゲンなど)
    • 計測器(オシロスコープ,電力メータ,ガスメータなど)
    • 宇宙機器(人工衛星,ロケット,惑星探査機など)