香川高専 電気情報工学科

   中学生のみなさんへ

 卒業生から一言(3)

イメージ

 

卒業年: 2007年(本科卒2005年)

氏 名: 弓山 直輝

所 属: 九州工業大学大学院 

       生命体工学研究科 生体機能専攻

 

 

 

 

 

 

 

 私は専攻科を卒業後、九州工業大学の大学院に進学しました。高専時代は、電気工学を学び、信号処理に関係する研究を行っていましたが、大学院では生体機能材料に関する研究室に所属しています。現在は、骨代替材料や環境浄化剤に応用可能とされている新素材の開発に携わっています。高専時代とはまったく畑違いな研究を行っていますが、毎日が新しい事の連続で非常に充実した毎日を送っています。

  さて、私が高専に入学した理由とは・・。それはずばり就職率でした。学校の先生や先輩方にも、何より就職率が良いことを聞かされました。さらに、5年間の短期間で4年制大学と同等の専門知識を学べることができることも魅力的でした。 しかし、入学してみてさらなる高専の魅力を知りました。それは、4年制大学、そして大学院への編入も可能であるということです。高専→就職という道だけでなく、高専→大学さらに大学院という道もあるということです。実際に、私の場合は高専で学んでいるときに生命体工学という分野に興味をもち、現在所属する大学院への進学を決めました。高専に入学すると、いろんな可能性が広がっています。是非、いろいろな体験をして将来の自分を見つめてみてください。個性豊かな先生方がみなさんをお待ちしていますよ!

  

  卒業生から一言トップへ                           次へ
   

 

このページに関する問い合わせは,EE@t.kagawa-nct.ac.jpまで       電気情報工学科のトップページへ戻る