香川高専 電気情報工学科

   中学生のみなさんへ

学習教育目標 

教育目標イメージ図

 技術者が必要とする能力は、仕事上技術者が直面することに対する 知識 だけではなく、技術が他に及ぼす影響について理解し技術者がなすべきことを的確に実行できる能力を養う 倫理 、技術者が日々経験する課題に立ち向かう能力を養う 実行力 、技術的な内容を適切に相手に伝える能力を養う コミュニケーション の各能力必要です。 そのため、電気情報工学科では、この4つの能力を育成する目標(専攻科も含めた目標)として次の学習教育目標を掲げ、これらの能力が身に付けるように教育を行っています。

 

A. 広い視野と技術者としての倫理観 【倫理】
 人類,世界,文化に広く関心を持ち,視野の広い技術者になる。技術の産物が社会や自然に及ぼす影響を判断できる力と責任感,倫理観を養う。

 

B.科学技術の基礎知識と応用力 【知識】
 自然科学と専門技術の基礎を確実に身につけ,与えられた課題に活用できる。

 

C.課題解決の実行力と豊かな創造力 【実行力】
 自主的に課題に取り組む姿勢と能力を身につける。互いに協力して課題に取り組める技術者になる。

 

D.論理的なコミュニケーション能力 【コミュニケーション】
 文章と口頭で論理的に表現できる。英語による簡単な技術文書が作成できる。

 

このページに関する問い合わせは,EE@t.kagawa-nct.ac.jpまで       電気情報工学科のトップページへ戻る