香川高専 電気情報工学科

   中学生のみなさんへ

 電気情報工学科で学ぶ目的

 高松高専は、技術者となることを目指す中学卒業生に対して、技術者として必要な基礎的能力を養う学校です。その中で、電気情報工学科はエレクトロニクス技術者や情報通信技術者となる人材を育てるための教育を行っています。
 電気情報工学科に入学した方は、エレクトロニクス技術者や情報通信技術者を目指して学びます。


  エレクトロニクス技術は、種々の状態を調べる装置(センサーなど)や、物の動きを制御する装置(コンピュータなど)を作るための技術を担っています。 また、情報通信技術は、先の装置よりなどで得られた情報を加工し有効な情報を得るための技術や、情報を効率よく素早く伝達するための技術にかかわっています。
 エレクトロニクス技術と情報通信技術は、現代の高度情報社会を支える頭脳や神経を作る技術であるといえます。

 

エレクトロニクス技術者

  電気製品や産業界で使われている装置の電気電子関係部分の開発や設計をおこなう技術者やこれらの製品や装置の製造やメンテナンスにかかわる技術者です。

電子回路基板

 

情報通信技術者

 電気製品や産業界で使われている装置のソフトウェア関係部分や通信にかかわる部分の開発や設計製作をおこなう技術者やこれらの製品や装置のメンテナンスにかかわる技術者です。

携帯電話

 

コンピュータ応用技術  

  エレクトロニクス技術者・情報通信技術者の基礎的素養としての、コンピュータ応用技術も学びます。   

 

 

このページに関する問い合わせは,EE@t.kagawa-nct.ac.jpまで       電気情報工学科のトップページへ戻る