研究活動等報告書 :橋本 典史

 

更 新 日

 平成2941

教官氏名

橋本 典史

読   み

はしもと のりふみ

学   科

高松キャンパス・一般教育科

職   名

教授

電話番号

087-869-3860

電子メール

n-hashimoto(アットマーク)t.kagawa-nct.ac.jp

FAX番号

087-869-3860

ホームページ
URL

取得学位

博士(理学)

専門分野

有機合成化学、触媒化学、超分子化学、化学教育

 

研究キーワード

有機合成化学、触媒化学、超分子化学、グリーンケミストリー、次元解析

主な研究業績等

  • 1.パズルアサイメント法を用いたNMRスペクトルの解析方法. 日本高専学会誌, Vol.21, pp.47-52(2016).
  • 2.化学教育における次元解析法の導入. 高専教育, Vol.37, pp.291-294(2014).
  • 3.Highly Efficient Pd/SiO2 Dimethyl Sulfoxide Catalyst System for Selective Semihydrogenation of Alkynes. Chem. Lett., Vol.40, pp.405-407(2011).
  • 4.Fine Tuning of Pd0 Nanoparticle Formation on Hydroxyapatite and Its Application for Regioselective Quinoline Hydrogenation. Chem. Lett., Vol.39, pp.832-834(2010).
  • 5.Complete Hydrodechlorination of DDT and Its Derivatives Using a Hydroxyapatite-supported Pd Nanoparticle Catalyst. Chem. Lett., Vol.39, pp.49-51(2010).
  • 6.Molecular Design of a Calix[6]arene-Based Super-Uranophile with C3 Symmetry. High UO22+ Selectivity in Solvent Extraction. Chem. Lett., Vol.22, pp.829-832(1993).

研究助成等
取得状況

  • 平成25年度高専連携教育研究プロジェクト
    「高専・大学の連続性を考慮した化学コースのカリキュラムの構築」
  • 平成24年度かがわ中小企業応援ファンド事業 先端的技術シーズ実用化支援事業
    「廃被覆配線からの金属銅と固形燃料の回収プラントの開発」

所属学会

公益社団法人日本化学会,公益社団法人有機合成化学協会

共同研究
受託研究

ポリテック香川梶F廃配線からの銅の抽出方法の検討(継続中)

社会連携活動

平成25年 おもしろワクワク化学の世界−’13徳島化学展−出展「指のレプリカをつくろう!」

備   考

一般企業の研究所勤務と県立学校勤務の年数を合計すると20年になります。

 

データベース先頭へ