創造基礎工学系(高松キャンパス)
機械工学科
ようこそ機械工学科へ

 私たちの身近にあるあらゆる工業製品は、高度な機械技術の産物であり、機械技術者の果たすべき役割は広くかつ重要です。そして、近年の技術革新により、コンピュータ とエレクトロニクスが機械技術分野にも広く浸透しています。そこで、機械工学科では、低学年からの早期実践教育、高学年にかけての基礎学理教育、これらの有機的体系 化を目指す総合教育を通じて、機械工学に関する十分な基礎知識を持つと同時に、下記の学習教育目標のもと、産業界において創造的能力を発揮できる学生に育てることを目指しています。

■学習・教育目標
(A)広い視野と技術者としての倫理観(倫理)
  ・社会や文化に関心を持ち、社会人としての責任と倫理を自覚する。

(B)科学技術の基礎知識と応用力(知識)
  ・自然科学と専門技術を身につけ、それを基本的問題に適用できる。

(C)課題解決の実行力と豊かな創造力(実行力)
  ・与えられた課題に取り組み、考え解決できる。

(D)論理的なコミュニケーション能力(コミュニケーション)
  ・自分の意志を日本語で理論的に説明できる。英語による表現の基礎を身につける。

 このように本学科は新しい時代に対応できる機械工学科として生まれ変わっています。将来産業界において機械エンジニアとして,設計,生産,機械制御あるいは先端技術分野において創造的能力を発揮できる学生を育てるためにさまざまな観点から教育・研究に取り組んできました。

                                    機械工学科長
                                    山崎 容次郎



このページに関するご意見、ご感想、ご質問などは下記までご連絡下さい。


香川高等専門学校高松キャンパス 機械工学科
〒761-8058 香川県高松市勅使町355
FAX:(087)869-3879(学科事務室)
E-mail:ME(@t.kagawa-nct.ac.jpをつけて下さい。)