教科名

工学実験T

        担当教官名

木下 学

(1)対話日時:2003年 11 月 11 日(火曜日) ( 7 )限目

      注.当日は月曜日の授業。

(2)対話の主な内容を以下に記入してください。

 

   1.事前に準備した添付文書を配布し,これに基づいて説明した。

 

   2.設問8「実験実習によって技術が身につき,専門分野の理解が深まった。」

     の評価が最低の2.54であることの理由を訊いた。

     @  目的がはっきりしない。

     A  眠い時間帯である。(注.水曜日の67限目)

     B  前提となる知識がない。

         〔回答〕配布資料の所感(2)の第2段落に書いたとおりである。

 

   3.その他の意見など

     @  エレベータがほしい。

         〔回答〕エレベータは設置される予定である。しかし,なぜエレベータが

               必要なのか?

     A  制御棟は暗い。

     B  なぜ他の教官に対する自由意見を除外したのか?

         〔回答〕調査(授業評価)は教官一人一人に対するものである。木下は工

               作実習T,Uと工学実験Tを担当している。この中から選ばれたも

                のである。