教科名

5S  機械力学(2単位)

        担当教官名

山内 庄司

(1)対話日時:2003年 11月  4 日( 曜日) ( 5  )限目

         

(2)対話の主な内容を以下に記入してください。

 

l         授業アンケートの結果に関して,手元にある制御情報工学科2〜5学年全体の傾向について述べ,その特徴について説明した。特に当該クラス5Sに関して「総合的判断」の評価値が低いこと,全般的に「授業中の居眠りや私語を注意する」の評価値が高く,「家庭学習をしている」の評価値が低いことに注意を喚起し,学生の勉学姿勢にも大きな問題があることを説明した。

l         機械力学に関しては,「家庭学習をしている」の他に,「説明がわかりやすく全体としてまとまりがある」,「話し方は明瞭で聞き取りやすい」および「黒板の使い方や書き方がわかりやすい」の評価値が低いことを述べ,教師側で改善できることを述べた。

l         アンケート解答カード裏面に書かれた学生からのコメントを全て紹介し,それに対する意見と改善点を述べた。学生からの自発的な意見が出ないため,指名して意見を求めたが,取り上げるほどの意見は出なかった。

l         授業はこれ以降やや難しい内容(連続体の振動)に入るため,進度を遅くすること,黒板を見やすく書くこと,できる限り分かり易く説明すること,等を述べた。

(以上,約30)