平成21年度 制御情報工学科教育課程: <専門科目
 (専門科目は学科ごとに異なる)

科目名をクリックすると講義概要を見ることができます.
区分
授業科目
単位数 1年 2年 3年 4年 5年
備 考
必修 応用数学T          
応用数学U          
物理学T          
物理学U          
加工学          
機械要素設計          
基礎力学          
材料力学T          
材料力学U          
材料学T          
材料学U          
熱工学T          
熱工学U          
流体工学T          
流体工学U          
電気回路          
電子回路          
電子工学          
情報処理T          
情報処理U          
情報処理V          
計算機システム           
メカトロニクス基礎T         図学を含む。
メカトロニクス基礎U           
メカトロニクスシステム設計           
制御工学T          
制御工学U          
機械力学          
ロボット工学           
計測工学          
統計解析          
CAD          
工作実習T          
工作実習U               
工学実験T          
工学実験U          
工学実験V          
卒業研究          
小 計
82 16 25 27  
選択 技術科学英語          ※
情報ネットワーク          ※
接合工学          ※
レーザ工学          ※
電磁気学          ※
電子計測          ※
センサ工学          ※
計画論          ※
集中講義T          
集中講義U          
集中講義V          
校外実習          
小 計
20       19  
開設単位合計
102 16 26 46  

※ は高等専門学校設置基準第17条4項に規定するものであり,
45時間の学習を必要とする内容をもって1単位とする.



制御情報工学科(専門科目)のシラバスにおける共通事項

1.単位認定に要する出席時間
 開講科目の単位認定を受けるためには,各科目の授業時間数の 3分の2以上の出席が必要である。ただし,評価方法または備考欄に 出席に関する記述があればそれに従うものとする。

2.学習項目(時間数)
 学習項目欄における学習項目後の( )内の数字は,1が1コマ(90分)を 意味する。

3.評価方法
 最終評価は,合格判定水準を満たしていることを判定する試験を行い, 60点以上を合格とする。ただし,評価方法欄または備考欄に評価方法に 関する記述があれば,それに従うものとする。

4.学習・教育目標との関係欄
(1) 1,2,3 年生は、準学士(本科卒業)の学習・教育目標との 関係を記述し、4,5 年生はメカトロニクスプログラム(専攻科修了)の 学習・教育目標との関係を記述している。
(2) 専攻科進学を目指す学生は学習・教育目標との関係欄にプログラム 指定科目と記された科目を修得する必要がある。詳細は,「メカトロニクス プログラム履修の手引き」(本校ホームページに記載)を参照すること。
(3) 目標の前に付けられた,◎は目標を主体的に含んでいることを示し, ○は目標を付随的に含んでいることを示している。

5.学修単位:高等専門学校設置基準第17 条第4 項により認定される科目
 5年生の専門選択科目では学修単位としている。学修単位は, 45時間の学修を必要とする内容によって1単位とする。2単位の科目の 場合30時間の授業と60時間相当の自学が必要である。教育課程表備考欄の ※は,学修単位科目を示している。

6.本校教員の科目は,原則として,毎週月曜の放課後をオフィスアワーとし, 質問などの受付を行う。


※ 上表の記載内容は,今年度の開講科目である.
詳細は,学生便覧もしくはシラバス冊子を参照のこと.