MechSys Logo

1996年度


性能試験 (1996.12.03)

 各チームの製作したロボットの性能を計測する性能試験会が行われました. 下図の位置に缶を置き,同じ条件の元で課題実行時間を3回計測し, 早さと再現性を調べました.

性能試験課題
(課題:1)    (課題:2)    (課題:3)

性能試験課題


ゴールまでの所要時間の計測結果は,以下のとおりでした. (単位:秒)

チーム
課題1
25
21
×2)
×3)
×3)
41
×3)
25
211)
191)
×3)
41
42
441)
24
21
19
34
×3)
41
45
課題2
33
37
×3)
×3)
58
×3)
×3)
33
37
×3)
×3)
51
×3)
×3)
34
37
×3)
×2)
×3)
×3)
×3)
課題3
29
32
×3)
×2)
×3)
×2)
881)
29
28
×3)
64
65
×2)
891)
29
35
36
641)
×3)
×2)
891)

1) 缶の位置がゴールからはみ出す.
2) 缶をつかむが,ゴールに到達せず.
3) 缶をつかむことに失敗.