MechSys Logo

2005年度


第10回 テーマ: 10周年です,粗品進呈!


【 ゲーム要領 】
 自律ロボットにあらかじめ積載した粗品(2×2×2cm3の木片: 大きさの有効数字は1桁,表面は鋸で切断したままの状態)を 競技場内の4個のマーク(厚さ1mm以下,上面はアルミ箔)上に 配達するゲーム.以下のルールで総点を競う.

■ 競技場は外形□900mm,全面黒塗りとし,中央にφ250mmの スタートゾーンを置く.競技場の周囲とコーナーに,高さ幅ともに 15mmの囲いを設ける.

■ マークを置く位置は,競技場のスタートゾーン外の4箇所とし, ロボットがスタートゾーンに置かれた後,偏りなく任意に配置する.

■ 得点は,初めの1箇所が粗品1個につき10点,2箇所目以降に ついては,粗品1個当たり順に20点,50点,100点とする. 粗品の一部がマーク上にあれば得点とし,得点となる粗品の上に 乗っている粗品も得点とする.

■ マーク外(スタートゾーン,競技場外を含む)に放置された粗品は, 1個につき5点の減点とする.ロボットに積載または接触した状態の 粗品は得失点にカウントしない.なお,マーク外の粗品の数が 粗品総数の50%を超える場合は失格とする.

■ 競技時間は3分以内で,競技終了後ロボット・粗品の動きが 止まってから得点をカウントする.

■ マークは置くだけとし,固定しない.したがって,ロボットの 動作により移動・変形することもある.互いに接触したマークは, 全体で1個と数える.競技中,マークを競技場外に押し出した場合, そのマークは無効となり,マーク上の粗品は得失点にカウントしない.

■ 競技中に,すでにマークに置いた粗品をロボットがすべて 排除した場合,そのマークは得点設定の序列から除外され, 他の有効なマークの序列は順に繰り上がるものとする.

■ スタート時にロボットに積載する粗品の個数は,無制限.

■ 競技前,競技中ともに,粗品同士を結合・接着したり, 束ねたり,包装する行為は禁止とする.

■ ロボットは,競技前後ならびに競技中を通じて,上から見て スタートゾーン内に納まる大きさとする.高さは無制限.

競技場2005

競技場の仕様


2005年度・年間スケジュール

日 付 行 事
(2月14日)
(希望分野アンケート調査)
4月8日
ガイダンス
5月20日
第1回中間報告書提出
7月1日
中間発表会
9月13日

ロボット提出
第2回中間報告書提出
10月25日
プレ・ロボット競技会
11月12,13日
ロボット競技会(学生祭)
11月25,29日
ロボット性能試験会
写真撮影
2月3日
最終発表会
2月14日
最終報告書提出
2月24日
ロボット解体
リサイクル