研究教育活動等報告書:  機械電子工学科: 嶋崎真一
更新日   平成30年3月7日
教員氏名   嶋崎 真一
読 み   しまさき しんいち
 ( SHIMASAKI Shin-ichi )
学科名  機械電子工学科
職 名   准教授
電話番号   087-869-3892
電子メイル   E-mail
FAX番号   087-869-3879
ホームページ
URL
  researchmapのページ
取得学位  博士(工学)(東北大学)
専門分野   金属・資源生産工学,材料電磁プロセッシング

研究キーワード   材料電磁プロセッシング,混相流,介在物挙動
主な研究業績
(業績一覧)
【学位論文】
【著書】
    特になし.
【論文】
【特許】
  • 谷口尚司, 嶋崎真一, 金暉, 中林昭弘, 石渡保生, 鈴木一将, 「溶融金属からの介在物除去装置および介在物除去方法」, 特許第5396574号(登録年月日: 2013年11月1日), 出願日: 2013年4月9日.
  • 嶋崎真一, 谷口尚司, 今西健太郎, ボジャレビクス バルディス, 「導電性粒子の製造方法および製造装置」, 特許第5484766号(登録年月日: 2014年2月28日), 出願日: 2009年3月31日
  • S. Taniguchi, K. Anzai, K. Ueno, M. Itamura, and S. Shimasaki, 「Electromagnetic Stirrer」, Patent No.: US 8,101,119 B2, Date of Patent: Jan. 24, 2012, PCT Filed: Nov. 12, 2007.
  • 谷口尚司, 安斎浩一, 上野和之, 板村正行, 嶋崎真一, 「電磁攪拌装置」, WO2008/056809, 特許第5352236号 (登録年月日: 2013年8月30日), 出願日: 2007年11月12日.
  • 笠原奉文, 谷口尚司, 上野和之, 嶋崎真一, 「超電導マグネット並びにそれを用いた電磁攪拌装置,電動機,及び発電機」, WO2007/032472, 特許第4914362号 (登録年月日: 2012年1月27日), 出願日: 2007年9月15日.

研究助成・取得状況 【科学研究費補助金】(科学研究費助成事業データベースへのリンク
  • 若手研究(A), 研究課題番号: 25709071, 2013〜2017年度, 「電場と磁場の同時印加による太陽電池用均一径シリコン球の製造およびその結晶性制御」, 研究代表者.
  • 若手研究(B), 研究課題番号: 21760597, 2009〜2011年度, 「二軸移動磁界攪拌による超微細結晶粒を有するダイカスト用半凝固金属スラリーの製造」, 研究代表者.
  • 基盤研究(A), 研究課題番号: 22246097, 2010〜2011年度, 「電磁分離法によるアルミニウムスクラップの清浄化と高度リサイクル」, 研究分担者.
  • 基盤研究(A), 研究課題番号: 21246114, 2009〜2011年度, 「スラグメイキングテクノロジーの開発」, 研究分担者.
  • 基盤研究(A), 研究課題番号: 18206078, 2006〜2008年度, 「電磁力を利用した太陽電池用モノサイズ球形シリコン粒子の製造法の開発」, 研究分担者.
【その他】
  • 公益財団法人 山陽放送学術文化財団 学術研究助成, 2019 年度, 「Antibubbleを応用した気泡への粒子付着プロセスのその場観察手法の確立」.
  • 社団法人 日本アルミニウム協会 アルミニウム研究助成, 2017〜2018年度, 「新規スラグフローテーション法を用いたアルミニウム高度リサイクルプロセスの開発」, (研究代表者: 新井宏忠).
  • 公益財団法人 マツダ財団 マツダ研究助成金, 2016〜2018年度, 「新規スラグフローテーション法によるアルミニウムスクラップの高清浄度化とアップグレードリサイクルプロセスの開発」, (研究代表者: 新井宏忠).
  • 新日鉄住金株式会社 奨学寄付金, 2015〜2017年度, 「旋回流を利用した介在物除去現象の解明研究の推進」.
  • 公益財団法人 長岡技術科学大学技術開発教育研究振興会 研究助成, 2015年度, 「球状Si太陽電池用の均一径Si球の製造:電場印加による液滴合体防止」, (専攻科学生: 松本一輔).
  • 社団法人 日本鉄鋼協会 大学研究助成, 2013年度, 「金属材料プロセス学に関する研究助成金」.
  • 社団法人 日本鉄鋼協会 研究会研究助成, 2012〜2014年度, 「電磁振動印加時の物理現象解明」, (研究代表者: 岩井一彦).
  • 社団法人 JFE21世紀財団 大学研究助成, 2011〜2012年度, 「電磁力間欠印加による溶融Siジェットからの太陽電池用均一径Si球の高速製造」.
  • 社団法人 日本鉄鋼協会 研究会研究助成, 2010〜2012年度, 「精錬反応プロセスにおける混相流・多重スケール解析技術の開発」, (研究代表者: 熊谷剛彦)
  • 社団法人 日本アルミニウム協会 アルミニウム研究助成, 2008〜2009年度, 「電磁力を用いたアルミニウム中介在物除去プロセスの開発」.
  • 独立行政法人 日本学術振興会 アジア研究教育拠点事業, 2007年度, 「材料電磁プロセシングの世界拠点の構築」, (研究代表者: 浅井滋生・岩井一彦).
  • 財団法人 新生資源協会 助成研究, 2005〜2006年度, 「気相における反応を伴う移動現象の解明」, (研究代表者: 谷口尚司).
所属学会   日本鉄鋼協会,軽金属学会,日本塑性加工学会
共同研究
受託研究
【研究代表者】
  • 株式会社UACJ 共同研究, 2017年度, 「電磁コイルの電磁界解析および設計」.
  • 玉川エンジニアリング株式会社 共同研究, 2015年度, 「コールドクルーシブルの数値計算」.
  • 住友金属工業株式会社 共同研究, 2012年度, 「旋回流場における介在物除去現象の解明」.
  • 住友金属工業株式会社 共同研究, 2009年度, 「鉄鋼精錬プロセスにおける数値流体力学による攪拌挙動解析」.
【研究分担者】
  • 新日鐵住友金属工業株式会社 共同研究, 2013年度, 「旋回流場における介在物除去現象の解明」.
  • 独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構 新エネルギーベンチャー技術革新事業, 2010〜2011年度, 「球状シリコン太陽電池用シリコンボールの高速製造技術の開発」.
  • JFEスチール株式会社 共同研究, 2007〜2008年度, 「凝固シェルへの粒子の捕捉抑制に関する基礎的検討」.
  • 古河電気工業株式会社 共同研究, 2006〜2007年度, 「溶銅中介在物の電磁分離技術の開発」.
  • 住友金属工業株式会社 共同研究, 2006〜2007年度, 「気泡膜を用いた介在物除去方法の検討」.
  • 新日本製鐵株式会社 共同研究, 2006年度, 「介在物・気泡の移流拡散・凝集・捕捉挙動に関する研究」.
社会連携活動 【学協会関連活動】
  • 9th International Conference on Electromagnetic Processing of Materials (EPM2018) 組織委員 (2017年2月〜).
  • 一般社団法人 軽金属学会 研究委員会 委員 2015年7月〜.
  • 一般社団法人 軽金属学会 アルミニウムの凝固・微細化・清浄化研究部会 部会長, 2015年4月〜.
  • 一般社団法人 日本鉄鋼協会 高温プロセス部会 精錬フォーラム 幹事, 2010年4月〜.
  • 一般社団法人 日本鉄鋼協会 混相流研究会 主査, 2010年4月〜2011年3月.
【国・地方自治体等から委嘱された活動】
  • 独立行政法人 日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員(担当審査部門: 1段, 金属・資源生産工学, 若手研究(B)) 2016年12月〜2017年11月.
【産官学等地域における活動】
  • 国立大学法人 長岡技術科学大学連携推進教員(客員准教授), 2014年度, 2017年度
  • NPO法人環境会議所 主催, 経済産業省東北経済産業局 共催の「東北エコプロダクツ東北2008」にて, 小学生向けの「環境科学教室」の講師として "水,空気をキレイにしよう!―身の回りの汚染対策―" と題した体験実験を行った. 2008年10月9日.
備  考【受賞歴】  
  • 学術奨励賞, 公益財団法人 山陽放送学術文化財団, 2019年5月17日.
  • Best Reviewer, 一般社団法人 日本鉄鋼協会 論文誌編集委員会, 2013年10月11日.
  • Best Student Paper, "Separation of Inclusion Particles from Liquid Metal by Electromagnetic Force", The 13th International Conference on Aluminum Alloys (ICAA13), June 2012.
  • Excellent Young Scientist Award, "Control of Non-metallic Particles in Liquid Metal with Electromagnetic Force", The 3rd Asian Workshop and Summer School on Electromagnetic Processing of Materials (Asian-EPM2008), Oct. 2008.
  • 第2回 及川研究奨励賞, 財団法人 青葉工学振興会, 1999年12月.
【崎の文字について】