研究教育活動等報告書: 機械電子工学科: 十河宏行



更新日   平成27年10月03日
教員氏吊   十河 宏行
読 み   そごう ひろゆき  ( Sogo Hiroyuki )
学科吊  機械電子工学科
職 吊   教 授
電話番号   087-869-3898
電子メイル  
FAX番号   087-869-3879
ホームページ
URL
  **
取得学位   博士(工学)
専門分野   機械力学,ヒューマンダイナミクス,モーションコントロール

研究キーワード   機械力学,動作解析,動的解析,小型ロボット,サポートシステム,非線形制御
主な研究業績 【学位論文】
  • クローラ式走行体の動特性に関する研究
【著書】
  • 基礎からのマシンデザイン(共著+編集) 森北出版 1999.

  • これからのマシンデザイン(共著) 森北出版 1989.

【学術論文】
  • 十河宏行, 逸見知弘,吉澤恒星,南部彰伸,平山大貴:
    動作解析を用いた野球打撃動作における技術差の定量的比較較,
    電気学会論文誌C,Vol.137,No.1,60-67,2017.

  • 逸見知弘,十河宏行,吉澤恒星,奥谷健太,平山大貴:
    下半身の筋パワー変化に着目したバットスイングの巧拙比較,
    電気学会論文誌C,Vol.137,No.1,68-75,2017.

  • 逸見 知弘,西原 智之,十河 宏行:
    入力外乱補償特性をもつ部分線形化手法を用いたPendubotの振り上げ制御,
    電気学会論文誌C,Vol.133,No.9,1828-1836,2013.

  • 川田 和男,十河 宏行,山本 透,間田 泰弘:
    セルフチューニングPD制御法によるクレーンのつり荷の振れ止め制御,
    日本機械学会論文集(C),71-702,469-476,2005・2.

  • 川田 和男,十河 宏行,山本 透,間田 泰弘:
    GAを用いたロバストPD制御法によるクレーンのつり荷の振れ止め制御,
    電気学会論文誌D,Vol.123,No.10,1097-1103,2003・10.

  • 十河 宏行,外山 宏慈,山本 透:
    極配置法に基づいたゲインスケジューリングによる回転型倒立振子の安定化制御,
    日本機械学会論文集(C),69-682,1473-1478,2003・6.

  • 松本 旭,十河宏行,山本 透:
    セルフチューニングレギュレータを用いた可変長振子の制振制御,
    日本機械学会論文集(C),67-659,83-89,2001・7.


【教育論文】
  • 由良諭,平岡延章,十河宏行:
    メカトロニクスシステム設計”に対するアンケート調査結果*卒業生からのアンケート回答より*
    高松高専研究紀要,Vol.41,pp.23-38,2006

  • 平岡延章,吉成知己,十河宏行,由良諭,川田和男,徳永秀和,藤澤正一郎:
    モノづくり教育のネタ帖*メカトロニクスシステム設計10年の歩み*
    高松高専研究紀要,Vol.41,pp.7-22,2006

  • 藤澤正一郎,平岡延章,十河宏行,由良 諭
    高松高専制御情報工学科におけるモノづくり教育と創造性育成教育
    工業教育 51-5,2003.

  • 平岡延章,十河宏行,由良 諭,川田和男,藤澤 正一郎
    モノづくり教育のパラダイムを求めて
    高等専門学校の教育と研究 別冊第2号 創造教育実践事例集 No.2 2-9,2000・7

  • 川田和男,平岡延章,十河宏行,徳永秀和,由良 諭
    羽ばたくメカトロ技術者の卵たちのために――メカトロニクスの実線教育――
    高専教育22号,365*372,1999・3


【特許】

研究助成・取得状況
  • 平成29~31年,
  • 科学研究費補助金・一般研究C.
  • 平成25~27年,
  • 科学研究費補助金・一般研究C.
  • 平成16~19年,
  • 財団法人南海育英会教育振興助成.
  • 平成9年,
  • 高松高専教育研究助成会.
  • 平成6年~7年,
  • 科学研究費補助金・一般研究C.
  • 平成4年,
  • 財団法人南海育英会教育振興助成.
  • 昭和62年~平成元年,
  • 科学研究費補助金・一般研究C.

所属学会   日本機械学会,電気学会
共同研究
受託研究
  • 視覚センサを有する半自律型ロボットの開発,(平成16~17年度)
  • 便座からの立ち座りをサポートするシステムの開発,(平成16~17年度)

社会連携活動 【学協会関連活動】
  • 平成28~30年,
  • 電気学会 人から計測した技能データの制御技術への応用と各種評価への活用に関する調査専門委員会 幹事
  • 平成26~28年,
  • 電気学会 人間がもつ技能データの計測・解析および制御技術への活用に関する調査専門委員会 幹事
  • 平成15~17年,
  • 日本機械設計工業会 機械設計技術者試験 受験講習会 講師
  • 平成15年,
  • 日本機械学会 2003年度 年次大会 チーフオーガナイザー
  • 平成11~13年,
  • 日本機械学会 交通・物流部門 研究分科会 幹事(H11),委員(H12,13)
  • 平成11年,
  • 日本機械学会 第77期 交通・物流部門 第8技術委員会委員長,運営委員会委員
  • 平成10年,
  • 日本機械学会 第76期 交通・物流部門 第1技術委員会委員
  • 平成6年,
  • 日本機械学会 第72期 交通・物流部門 第8技術委員会委員,第1技術委員会幹事
  • 平成5年,
  • 日本機械学会 第71期 交通・物流部門 第8技術委員会委員
  • 昭和60~64年,
  • (社)日本クレーン協会ISO/TC96国内委員会SC6分科会委員

【国・地方自治体等から委嘱された活動】
  • 平成5年,
  • 建設省労働災害防止委員会,基礎工事用機械安全性向上検討委員会,作業部会委員

【産官学等地域における活動】
  • 平成29年,
  • 公開講座「からくり工房2017《*「メカ・○○○《を作ろう*
  • 平成28年,
  • 公開講座「からくり工房2016《*「メカ・○○○《を作ろう*
  • 平成27年,
  • 公開講座「からくり工房2015《*「メカ・○○○《を作ろう*
  • 平成24年,
  • 公開講座「からくり工房2012《*「メカ・○○○《を作ろう*
  • 平成24年,
  • 講習会「機械設計技術者のための寺子屋2012《の開催
  • 平成23年,
  • 公開講座「からくり工房2011《*「メカ・○○○《を作ろう*
  • 平成22年,
  • 平成22年度 STEPものづくり人材育成講座の開催
  • 平成21年,
  • 平成21年度 機械設計技術者試験講習会の開催
  • 平成21年,
  • 平成21年度 香川県中学校教育研究会理科部会夏季研修会で講演
  • 平成21年,
  • 平成20年度 MATLAB技術セミナー[2](ベーシックトレーニング『MATLAB/Simulink基本コース』)の開催
  • 平成21年,
  • 平成20年度 MATLAB技術セミナー[1](MATLAB基本環境/データ解析コース)の開催
  • 平成20年,
  • 平成20年度 機械設計技術者試験講習会の開催
  • 平成20年,
  • 公開講座「からくり工房2008《 *「メカ・????《を作ろう*
  • 平成20年,
  • 産業人材育成フォーラム2008-若者と中小企業とのネットワーク構築事業-で講演発表
  • 平成18年,
  • ビジネスマッチングin香川に出展
  • 平成18年,
  • 公開講座「からくり工房2006《 ―携帯電話の振動モータと歯ブラシで動く「メカかたつむり《を作ろう―
  • 平成16年,
  • 技術交流会2004,ビジネスマッチングin香川に出展,香川大学工学部オープンキャンパスに出展.
  • 平成18年,
  • 公開講座「からくり工房2003《 ―携帯電話の振動モータと歯ブラシで動く「メカかたつむり《を作ろう―
  • 平成18年,
  • 公開講座「からくり工房2002《 ―親子で楽しむメカハムスターづくり―
  • 平成11,13年,
  • ハイテクシンポジウム出展.
  • 平成10年,
  • サイエンスフェスタ出展.
  • 平成7年,
  • ハイテクシンポジウム講演.

備  考  
  • 1994年 日本機械学会 交通・物流部門 優秀論文講演賞
  • 2006年 日本工学教育協会より工学教育賞を団体受賞(メカトロニクスシステム設計)
  • データベース先頭へ