Kagawa National College of Technology
専攻科機械工学コースにおける英語による専門教育の報告。
20110121更新
 2011年1月12日から21日にかけて、正修科技大学機械工程系助理教授 熊仁洲(Jen-Chou Hsiung)氏を客員教授として本校に招聘し、本校専攻科創造基礎工学系機械工学コース(高松キャンパス)の専攻科年生を対象に、集中講義形式で「英語による専門授業」を実施しました。
 この授業は、本校が取り組んでいる国際エンジニア育成プロジェクトの一環として、国際学術交流プログラムによる取組みであり、本校と学術交流協定を締結している台湾の正修科技大学からHsiung助理教授を本年1月に招聘しました。その間、後期の機械工学コース開設科目である材料強度学特論のうち4回の90分授業を実施したものです。
 完全に英語だけの授業でしたが、受講学生は既に習得している英語専門用語を足がかりに、英語による説明を理解していました。授業後のアンケートからは、英語力の必要性や国際意識の向上などの面から大いに刺激を受けた等々の感想が聞かれました。