プロフィール

名称:原囿(音響情報・信号処理)研究室

設立:2011年03月12日

カテゴリー:大学・高専 / 小中学校・高校 / 香川高等専門学校 / 大学 / 高専 / 電気情報工学科 / 音

関連:電気情報工学科 / 専攻科創造工学専攻

参加者:16

原囿研究室の交流クラブです。
 研究室関連の情報を発信しております。
 トピックスは公開用と会員のみ公開に分かれております。
 音響関係に関しましては,信号処理研究会(産業技術振興会 計測・解析部門)も参照下さい。

コメントは
http://kouf54bn.ashita-sanuki.jp/e405226.html
にお願いいたします。
 

香川高等専門学校

香川高等専門学校公式サイトはこちら

footer

バイオソナー

4月23日 10時01分
 コウモリの驚異的な能力:反響定位(エコーロケーション)

 音響情報,信号処理の問題を扱っています。
 現在,進めている研究の一つに,反響定位(エコーロケーション)と呼ばれるコウモリが飛翔や餌の捕獲に駆使している機能の解析,及び応用に関するものがあります。
 これは,イルカなども同様の機能を利用していることから,バイオソナーとも呼ばれており,自ら放射した音の物体や餌となる生き物からの反響音を聞き分けて障害物を避けたり,獲物を追尾・捕獲したりするものです。
 コウモリは,全くといって良い程視覚能力はありません。暗闇の中で飛翔し獲物にも聞こえないように近づき捕獲するために,超音波を使った反響定位能力を発達させたと考えられます。
 写真は,イエコウモリとも呼ばれるアブラコウモリです。夕方になると,色々なところで目にすることができます。
 このバイオソナーの機能の詳細が明確になれば,非視覚領域の視覚化,視覚障害者のための補助機器の開発に役立つと考えられます。



 

コメント(現在 0件)


ページの先頭へ

コンテンツエリア終わり
コンテンツエリア終わり