プロフィール

名称:農家と流通の需給マッチングシステム(村上研究室)

設立:2014年10月28日

幹事:村上 幸一

カテゴリー:産業技術振興会 / 情報・通信部門 / 地域イノベーションセンター

関連:電気情報工学科

参加者:1

農家の収穫情報と流通の需要を半自動でマッチングし,安定供給と安定販売を行うことによって,農家と流通双方の販売支援・経営支援を行うサービスです.

香川高専と共同開発し,国立高等専門学校機構により特許出願中のビジネスモデルです.

香川高等専門学校

香川高等専門学校公式サイトはこちら

footer

観音寺のGrowble農人さんへ行ってきました!

12月23日 10時00分
観音寺のGrowble農人さんへ行ってきました!

観音寺のGrowble農人さんへ行ってきました!

Growble農人さんの主な作物は、
レタス16.00ha、ブロッコリー1.60ha、青ネギ1.50ha、タマネギ2.5ha、米13.00ha、裸麦5.00ha。

観音寺のGrowble農人さんへ行ってきました!

代表の近藤さんは、脱サラ後、就農して今年で8年目になるそうです。
10月に法人化し、社名を「株式会社 Growble農人」と付けられました。

観音寺のGrowble農人さんへ行ってきました!

タマネギの輸出など、野菜を世界に発信する(グローバル)ピカピカ
会社・社員とともに、日々考え感じながら成長する(グローアップ)ピカピカ
美味しい野菜を作るために、土を作り、日々努力する(ベジタブル)ピカピカ
この3つを経営理念として頑張っています。ニコニコ

観音寺のGrowble農人さんへ行ってきました!

若い人に来てほしいです!
レタスは管理してくれる人がいないと大きくなりません。
人もこの社会の中で1人だけでは生きていけません。
レタスから学び、人として共に成長して行けたらとおっしゃっていたのが
とても印象的でした。

農園でも若い人たちがピカピカのレタスをたくさん収穫していました!ニコニコキャベツピカピカ

観音寺のGrowble農人さんへ行ってきました!

Growble農人さんは、農家と流通の需給マッチング事業に参加予定です。

コメント(現在 0件)


ページの先頭へ

コンテンツエリア終わり
コンテンツエリア終わり