プロフィール

名称:農家と流通の需給マッチングシステム(村上研究室)

設立:2014年10月28日

幹事:村上 幸一

カテゴリー:産業技術振興会 / 情報・通信部門 / 地域イノベーションセンター

関連:電気情報工学科

参加者:1

農家の収穫情報と流通の需要を半自動でマッチングし,安定供給と安定販売を行うことによって,農家と流通双方の販売支援・経営支援を行うサービスです.

香川高専と共同開発し,国立高等専門学校機構により特許出願中のビジネスモデルです.

香川高等専門学校

香川高等専門学校公式サイトはこちら

footer

善通寺の尾野農園さんへ行ってきました!

7月4日 10時00分
善通寺の尾野農園さんへ行ってきました!

善通寺の尾野農園さんへ行ってきました!

尾野農園さんの主な作物は、
青ネギ6.00ha、レタス2.00ha、キャベツ50.00ha、イチゴ17.00a。

善通寺の尾野農園さんへ行ってきました!

尾野農園代表の尾野さんは、脱サラから就農された経験から、
農業の労働環境の遅れを何とか他産業並みに引き上げたい。アップアップ
そうすることで農業が活性化していくだろうピカピカという思いを話してくださいました。

善通寺の尾野農園さんへ行ってきました!

現在農業を志している若い農家さんは、
ベテラン農家さんほどの技術や経験をほぼ持ち合わせていません。
そこで経験豊富なベテラン農家さんではない若い人たちにも
ノウハウを共有できるようなシステムを現在開発中!!パソコンだとか。

自然の恵みに感謝しながら、農業を元気に!!!ニコニコピカピカ
尾野さんの思いが伝わってきました。

善通寺の尾野農園さんへ行ってきました!

尾野農園さんでは現在加工に出す割合が多いそうですが、
消費者の反応が分からないのが残念なところ・・・
将来的には自社で加工したりできるようにして、
買う人との距離を近くすることが夢だそうです。

尾野農園さんは、農家と流通の需給マッチング事業に参加予定です。

コメント(現在 0件)


ページの先頭へ

コンテンツエリア終わり
コンテンツエリア終わり