プロフィール

名称:信号処理研究会(産業技術振興会 計測・解析部門)

設立:2011年04月10日

幹事:中山仁史

カテゴリー:産業技術振興会 / 一般企業 / 大学・高専 / 電気情報工学科 / 計測・分析部門

関連:電気情報工学科

参加者:6

 香川高専産業技術振興会 計測・分析部門における信号処理研究会です.信号処理,音響工学及び計測処理などディジタル信号処理を応用とする研究に関する討議を実施いたします.

 入会時,承認が必要です。電話等連絡先を記述下さい。学生の方は,指導教員の氏名もお知らせ下さい。

香川高等専門学校

香川高等専門学校公式サイトはこちら

footer

第2回研究会の実施

7月29日 01時38分
2011年7月23日の15時から17時にかけて,第2回信号処理研究会を実施いたしました.

研究会には企業技術者等3名,高専教員6名及び高専学生6名が参加いたしました.

研究会では,(株)四国総合研究所の宮崎習様による「既設ITVの活用範囲を拡大する映像・センサ信号重畳装置他」と本校電気情報工学科の中山仁史による「組込み技術を用いたICカードインタフェースによる生活支援システムの構築と応用」に関する講演が行われました.

宮崎様の発表では,(株)四国総合研究所における開発や技術シーズ等に関するご説明と既設ITV技術に関するご紹介がありました.特に,既設ITV技術では非監視対象の映像と音情報に加え,映像チャンネルに非監視対象のセンサ出力のパラメータを重畳して伝達するシステムが紹介されました.また,ICカードインタフェースを構築する上で,利用者に必要とされるために求められるシステムはどのようにしたらできるのかという議論が行われました.

center

コメント(現在 1件)


  • 8/5 18:21
    1: 実際的な現場からのニーズに基づく宮崎様の報告は非常に興味深く,参考になるところが多くありました。今後とも現場からの報告が聞きたいというようなご意見も多いようです。色々なご希望もお伺いしたいところですが,できましたら,スピーカとしての提案も頂ければ,期待も高まります。

ページの先頭へ

コンテンツエリア終わり
コンテンツエリア終わり