プロフィール

名称:信号処理研究会(産業技術振興会 計測・解析部門)

設立:2011年04月10日

幹事:中山仁史

カテゴリー:産業技術振興会 / 一般企業 / 大学・高専 / 電気情報工学科 / 計測・分析部門

関連:電気情報工学科

参加者:6

 香川高専産業技術振興会 計測・分析部門における信号処理研究会です.信号処理,音響工学及び計測処理などディジタル信号処理を応用とする研究に関する討議を実施いたします.

 入会時,承認が必要です。電話等連絡先を記述下さい。学生の方は,指導教員の氏名もお知らせ下さい。

香川高等専門学校

香川高等専門学校公式サイトはこちら

footer

第3回研究会の実施

11月14日 18時52分
2011年11月11日の15時から16時30分にかけて,第3回信号処理研究会を実施いたしました.

研究会には企業技術者等5名,高専教員4名及び高専学生6名が参加いたしました.

研究会では,本校機械電子工学科・神内教博教授によるスペクトル分析技術の応用に関する発表と本校電気情報工学科・雛元洋一助教による能動制音技術に関する発表が行われました.

神内教授の講演では,スペクトル分析をしたパターンマッチング技術に関する報告が行われ,雑音中の所望信号や破断したコンクリートなどを識別する技術が紹介されました.雛元助教の講演では,能動制音技術が紹介され,Filtered-X LMSアルゴリズムの性能を低下させずに高速に動作する原理について説明をしていただきました.

コメント(現在 0件)


ページの先頭へ

コンテンツエリア終わり
コンテンツエリア終わり