沿革


  高松工業高等専門学校 詫間電波工業高等専門学校
昭和24(1949)年


  
官立無線電信講習所を詫間電波高等学校と改称
 
昭和37(1962)年 機械工学科2学級,電気工学科1学級からなる国立高松工業高等専門学校を創設
 



   
昭和41(1966)年 土木工学科1学級を増設
 

   
昭和46(1971)年

   
電波通信学科3学級からなる国立詫間電波工業高等専門学校を設置
 
昭和51(1976)年

   
電波通信学科2学級,電子工学科1学級に改組
 
昭和55(1980)年

   
電波通信学科2学級を電波通信学科1学級,情報工学科1学級に改組
 
昭和60(1985)年
   
電子制御工学科1学級を増設
  
平成元(1989)年

  
電波通信学科を情報通信工学科に名称変更
 
平成2(1990)年 機械工学科1学級を改組し,制御情報工学科を設置
 


  
平成6(1994)年 土木工学科を建設環境工学科に改組
 


  
平成11(1999)年 専攻科(機械電気システム工学専攻,建設工学専攻)を設置
 


  
平成13(2001)年 電気工学科を電気情報工学科に名称変更
 


  
平成16(2004)年 独立行政法人国立高等専門学校機構高松工業高等専門学校に移行
事務部に施設課を設置
 
独立行政法人国立高等専門学校機構詫間電波工業高等専門学校に移行
専攻科(電子通信システム工学専攻,情報制御システム工学専攻)を設置
 
平成20(2008)年 詫間電波高専事務部と再編し,香川地区事務部を設置
 
高松高専事務部と再編し,香川地区事務部を設置
 
平成21(2009)年 高松高専と詫間電波高専を高度化・再編し,独立行政法人国立高等専門学校機構香川高等専門学校を設置