校長挨拶

高専は,中学校卒業者を受け入れ,時代の要請に対応した実践的技術者を養成することを目的として,昭和37年度に創設された,5年制の高等教育機関です。
 本校は,高専制度の発足と同時に設置され,現在,機械工学科,電気情報工学科,制御情報工学科,建設環境工学科の4学科及び専攻科を置く学生数約850名の標準的規模の高専です。
 本校では,高専の特徴である5年一貫のカリキュラムを生かして,一般教育と専門教育をバランスよく行い,科学技術の急速な進展に対応できる能力を備え,豊かな人間性と広い視野を持った「知と技と心の調和のとれた創造性豊かな実践的技術者」の養成を目的とした教育に取り組んできています。
 これまで46年の歴史の中で,本校の卒業生は5,748人に及びますが,そのうちの多くは民間企業や,官公庁,研究所等において,産業・技術の第一線で幅広く活躍しており,その優れた実力と堅実な勤務態度は各方面から高く評価されています。
 卒業後,更に勉学を続けたい学生のためには,平成11年度に設置された修業年限2年の専攻科があり,修了者は学士の学位取得と大学院への進学も可能です。また,大学の工学部等の3年次に編入する学生も多数います。近年,本校卒業生の約半数が専攻科や大学に進学しています。
 このように本校は,人材育成に貢献するとともに,地元企業や研究所との技術交流や共同研究の面でもより積極的に貢献できるよう努めています。
 本校は,創設以来の伝統を生かしつつ,時代と地域のニーズに沿った,個性輝く,魅力ある学園づくりに,全校をあげて取り組んでいるところです







香川高等専門学校校長
嘉門 雅史