電 気 情 報 工 学 コ ー ス

香川高等専門学校の教育目的

  1 広い視野を持ち,自然との調和を図り,人類の幸福に寄与できる技術者を養成する。
(倫理)
  2 科学技術の基礎知識と応用力を身につけ,時代の変遷に対応できる技術者を養成する。
(知識)
  3 課題解決の実行力と創造力を身につけ,社会に有益なシステムを構築できる技術者を養成する。
(実行力)
  4 物事を論理的に考え表現する能力を身につけ,国際的に活躍できる技術者を養成する。
(コミュニケーション能力)

専攻科の教育目標 <育成しようとする技術者像>
創造工学専攻

  1 技術の産物が社会や自然に及ぼす影響を判断できる力と責任感,倫理観を養うため,人類,世界,文化に関心を持ち,視野の広い技術者を育成する。
  2 自然科学と専門技術の基礎を身につけ,それを具体的問題に応用できる技術者を育成する。
  3 自ら課題を発見して,自主的に取り組み解決する姿勢と能力を身につける。また互いに協力し合って課題に取り組める創造力豊かな技術者を育成する。
  4 物事を論理的に考えて,それを文章と口頭で明確に表現できる力を身につける。英語では基本的な記述,表現が行える語学力を身につけた技術者を育成する。

ディプロマ・ポリシー
創造工学専攻電気情報工学コース

  電気情報工学コースは,本科で修得した電気回路や情報処理等の電気電子・情報通信分野における工学基礎と専門工学基礎を礎とし,より高度な専門的知識や技術を修得するため,本校に在籍し,以下の能力を身に付け,所定の単位を修得した学生に対して,修了を認定します。 
  1 人類,世界,文化に広く関心を持ち,技術の産物が社会や自然に及ぼす影響を判断できる。
  2 自然科学と専門技術の基礎を身につけ,それを具体的に問題に応用できる。
  3 自ら課題を発見して,自主的に取り組むことができる。また,互いに協力して課題に取り組むことができる。
  4 物事を論理的に考えて,それを文章と口頭で明確に表現できる。英語による基本的な記述,表現ができる。

カリキュラム・ポリシー
創造工学専攻電気情報工学コース

 ディプロマ・ポリシーに掲げた各能力を育成するために,以下の科目群を用意しています。 
  1 教養科目および特別研究,輪講
  2 自然科学系の科目,専門科目(電気電子工学・情報工学),工学実験・実習
  3 特別研究,輪講,工学実験・実習およびインターンシップ
  4 英語科目,特別研究,輪講,工学実験・実習およびインターンシップ
 これら科目群に関わる単位修得は,定期試験とレポート等の評価結果により認定します。実験・実習の実技系科目は,レポート等の評価結果に基づき認定します。特別研究は,日常の取組み,発表審査会及び特別研究論文の審査結果に基づいて認定します。

アドミッション・ポリシー

 香川高等専門学校専攻科は,科学技術創造立国を目指す我が国において,分析・解析能力,創造的課題解決能力及び研究開発能力を身に付け,様々な産業分野において指導的役割を担える創造性豊かな実践的技術者を社会に送り出すとともに,共同研究等をとおして地元産業,地域社会への積極的な貢献を行うことを目的としています。 
 そのために,電気情報工学コースでは次のような人材を求めています。
  1 倫理観と責任感を備えた指導的技術者を目指す人
  2 高度な技術と工学を学ぶために必要な基礎を修得した人
  3 勉学・研究意欲が高く,自ら創意工夫して行動する人
  4 英語を含めたコミュニケーション能力の基礎を身につけた人
  5 論理的な思考力と実行力を身につけ,コミュニケーション力の高い技術者を目指す人
 「求める学生像」に基づき,その能力・適性において本校専攻科の教育を受けるにふさわしい資質を有する者を選抜することを目的とし,推薦による選抜,学力検査による選抜及び社会人特別選抜を行います。
 推薦による選抜では,本校専攻科の教育を受けるのに必要な素養・目的意識と基礎学力を有する者を選抜するため,推薦書,調査書,志望理由書及び専門科目に関する口頭試問を含む面接を総合評価します。
 学力検査による選抜では,本校専攻科の教育を受けるのに必要な素養・目的意識と基礎学力を有する者を選抜するため,学力検査と調査書,志望理由書及び面接を総合評価します。
 社会人特別選抜では,本校専攻科の教育を受けるのに必要な素養・目的意識と基礎学力を有する者を選抜するため,推薦書,調査書,志望理由書,小論文及び専門科目に関する口頭試問を含む面接を総合評価します。