アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)
  本校の教育目的を達成することができるように,中学卒業生としての基礎学力と
  習意欲を有し,技術者を志す次のような人を求めます。

 〈本校の求める学生像〉 

・技術や科学に関心のある人
・数学や理科への興味,勉学意欲のある人
・自主性と協調性,積極性のある人
・人と自然を大切にする人
    求める学生像に基づき,その能力・適性において本校の教育を受けるにふさわしい
   資質を有する学生を選抜することを目的とし,推薦と学力検査による選抜を行います。

   推薦による選抜では,本校の教育を受けるのに必要な素養・目的意識と基礎学力を
  有する学生を選抜するため,推薦書,調査書及び科目に関する口頭試問を含む面接を
  総合評価します。

  学力検査による選抜では,本校の教育を受けるのに必要な素養と基礎学力を有する
  学生を選抜するため,学力検査と調査書を総合評価します。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

情報工学科では,ディプロマ・ポリシーにて掲げた能力を育成するために,以下の科目群
 を用意しています。

1 情報工学の基礎専門科目:情報処理T,基礎情報工学,情報構造論など
2 コンピュータ技術関連の専門科目:計算機アーキテクチャ,
  システムソフトウェア,画像工学など
3 ネットワーク技術関連の専門科目:コンピュータネットワーク,情報セキュリティ,
  データベースなど
4 技術修得のための実験・演習科目:創造実験・実習,基礎工学実験・実習など
5 総合的能力育成のための科目:工学実験,情報工学セミナー,卒業研究など

これらの科目群に係る単位修得の認定は主に定期試験によるものとするが
科目に
よっては,レポートやプレゼンテーション等の評価結果により認定する。
ディプロマ・ポリシー(卒業認定・準学位授与の方針)

情報工学科では,以下の能力を身につけ,所定の単位を修得した学生に対して卒業を
  認定します。
 

1 幅広い知識と教養を身につけ,社会の発展に寄与できる。
2 情報工学に関する基礎から応用までの知識を有し,時代の変遷に対応できる。
3 情報科学における新たな問題を提議でき,それを解決するためのシステムを
  構築できる。
4 物事を論理的に思考でき,それを表現して伝えるコミュニケーション能力を有する。