高松キャンパス
次世代自動車研究部が鈴鹿サーキットでレースに参加しました
2016/08/16 更新
 平成28年8月5日(金)〜8月7日(日)の3日間,次世代自動車研究部の部員16名が,国際自動車連盟(FIA)主催の「FIA ALTERNATIVE ENERGIES CUP ソーラーカーレース鈴鹿2016」と「Ene-1GP SUZUKA 2016」に参加しました。

 まず,ソーラーカーレースは晴天に当初順調に走行しましたが7周でマシントラブルのためピットインし,その後復旧したものの4時間で10周し,Enjoyクラス参加31台中25位の成績に終わりました。周回数は伸びませんでしたが、電気系統で発生したトラブルにも諦めることなく粘り強く対処してレースに復帰するなど、高専生チームのモノづくり技術力の高さを示すことができました。

 Ene-1GPは3回目の参加で,充電式単三乾電池40本で走る電気自動車がフルコースを一周するのに要するタイムを競う競技です。1st-Attack、2nd-Attackは完走しました。3rd-Attack 直前のマシントラブルで出走できず,リタイアしました。順位は参加90台中57位でした。

 炎天下,学生のご父兄など多くの方が応援に駆けつけていただきました。
 ありがとうございました。
(次世代自動車研究部,学生支援係)