高松キャンパス
2016夏休みサイエンススクエアに出展しました
2016/08/18 更新
 サイエンスクラブは、国立科学博物館主催の「サイエンススクエア」に今年も採択され、8月9日(火)〜8月11日(木)の3日間出展しました。サイエンススクエアは、全国の大学、高専、研究所や科学系の団体などが、博物館の審査を経て参加する大規模な科学イベントです。

 本校は「自分で作るスライムと科学の不思議体験」というテーマで行い、3日間で約940名(児童数のみ)が参加し、自分で混ぜて作るスライムや、ネオジム磁石を使ったガウスの加速器などを体験してもらいました。保護者の方々もお子さんの遊びを覗きながら驚いていました。
 連日とも行列が絶えず、一時的に行列用レーンに並べなくなるほど盛況で、記念品として本校名が入った定規を1000個用意しましたが、3日目の午前には無くなってしまい、3日目午後に来場して頂いた皆さんにはお渡しすることが出来ませんでした。保護者を含めると約2000名の来訪があり、多くの方々に「高専」を知って頂けました。
(サイエンスクラブ、地域イノベーションセンター)