高松キャンパス
次世代自動車研究部が株式会社石垣で報告会を行いました
2018/06/01 更新
 5月31日(木)に、本校次世代自動車研究部が株式会社石垣を訪問し、今年のソーラーカーチームのあいさつとともに、同社の工場見学を行いました。同社は香川高専産業技術振興会会員企業であるとともに、長年に亘って、本チームの活動を支援して頂いている企業です。

 今回は、1年生の新入部員を含む学生8名と教職員2名が同社を訪問し、今夏、鈴鹿サーキットで開催される 「FIA Electric & New Energy Championship ソーラーカーレース鈴鹿2018」へのエントリーや、チームの取組み計画を報告しました。報告会には、香川高専(旧高松高専も含む)のOBである社員の方も参加され、活発な質疑が行われました。その後の工場見学では、各種水処理機械の製造・組立ラインを見学させて頂きましたが、学生たちは初めて見る加圧脱水機などの規模の大きさに驚くとともに、技術力の高さに感心していました。

 今後、本チームは、マシンを改良し走行性能を改善した上で、万全の態勢で8月3日〜4日のレースに臨む予定です。
(次世代自動車研究部、学生支援係)