香川高専共通

一般教育
エキスパートエンジニアである前に、ひとりの人間であれ。健全な精神を育む、一般教育課程。
高松キャンパス一般教育科 詫間キャンパス一般教育科

一般教育課程の特徴と教育目標
各学科共通に一般科目があります。
一般科目全体としての教育課程は、高等学校と大学の教育課程にわたる広い分野の教育内容をもっており、その内容の深さや密度にも特別な配慮がなされています。
各専門学科に共通する一般科目をとおして、専門を学ぶ上で必要な基礎力を養成し、総合的判断力をもった創造性ある技術者を育てることが目標です。

学習・教育内容
●人文・社会科学系科目(国語・社会・芸術)
人間として、また、社会人として、必要な知識・情操・判断力を身につけます。さらには、コミュニケーション能力の養成や技術者としての倫理観の確立を目指します。
●自然科学系科目(数学・物理・化学)
工学の基礎となる自然科学系科目では、さまざまな現象を数学的、物理的、化学的にとらえ表現することを学びます。また、各種の理論・法則を学び、基本的な計算力・応用力を身につけて、科学技術者として必要な知識・解析力(知識)、さらには、研究開発能力(実行力)の育成を目指します。
●保健・体育
さまざまなスポーツ活動を通して、ルールやマナー(倫理)を身につけ、体力の向上・健康増進を目指します。集団競技を通してコミュニケーション能力や協調性を養い、生涯スポーツの観点から基礎スキルの習得を目指します。

●外国語(英語・ドイツ語・中国語)

外国語では、視聴覚機器の活用、外国人講師による英会話教育など、実用的な語学力、コミュニケーション能力の養成を目指しています。さらに、語学を通じて、世界の文化・技術・ものの見方などについても理解を深め、国際社会に対する関心を高めることを目標としています。

くさび型カリキュラム
香川高専の5年間の授業科目には、一般科目と専門科目とがあり、その割合は図のようになっています。
この図で分かるように、1年生や2年生では一般科目が多く、学年が進むにつれて専門科目が多くなるといった、バランスのとれた効果的な学年配当となっています。