電子情報通信工学系(詫間キャンパス)

電子システム工学科
電子システム工学科では “ロボット技術から電子デバイス技術までの幅広い分野で…。”“「ものづくり」を通して社会に貢献。”“自主性や創造性豊かなエンジニアを目指せ。”をキーワードに、教育・研究を行っています。

学科紹介
マインドストーム用いた
ロボット作製実験(1年〜3年)
IT、エレクトロニクスの発展に伴い、ロボット技術や集積回路に代表される電子デバイス技術の重要性は今後ますます大きくなると予想されます。したがって、ロボットエンジニア、デバイスエンジニアはコンピュータ、電子機器、情報通信機器、ネットワーク機器など幅広い分野から嘱望されています。 
電子システム工学科では、電子工学の基礎からロボット工学、制御工学などのロボットエンジニア応用科目群と半導体工学、電子デバイス工学などのデバイスエンジニア応用科目群から構成される「ものづくり」中心のカリキュラムにより学び、自主性や創造性豊かなエンジニアの育成を目指します。

電子回路作製実験
(4年)
VHDLによる
ディジタル回路作製実験
(5年)
地域連携型卒業研究
(卒業研究)

教育目標
教育目標は、次の4つです。
  1. 回路、半導体、コンピュータなどの専門科目を基礎として、デバイスやロボットに関する実践的な専門技術を身につける。
  2. 広い視野を持ち、設計、製作、問題発見、問題解決ができる。
  3. 計画を立案し、継続して課題に取り組むことができる。
  4. 物事を論理的に考え、文章や口頭で発表できる。

教育内容
教育内容は、次の4つです。
  1. 低学年では工学導入教育を積極的に取り入れ「ものづくり」の楽しさから興味を引き出し工学基礎科目へ結びつけるような教育を行います。
  2. 低学年の基礎専門科目はロボットエンジニア、デバイスエンジニアに必要な弱電基礎科目を基礎工学実験と連携し実験・実習と理論が同時に教育できるようなカリキュラムとしています。
  3. 高学年ではロボットエンジニアコースとデバイスエンジニアコースの2つのコースを選択できるようにし、どのような分野へ就職・進学したいかを考えながら自分が進みたい分野の専門科目をセミナー、卒業研究と連携し教育します。
  4. 電子システムセミナー、卒業研究では学生一人一人が自分の研究テーマを持ち、担当教員の指導の下で1年間にわたって研究を行います。新しい知識を得るだけでなく、ロボット・ デバイスエンジニアとしての研究に対する姿勢を学び、将来エンジニアとしての仕事対する取り組み方について習得することを重要視しています。

スタッフ
職 名 氏 名 その他
教授 三崎 幸典
教授 長岡 史郎
教授 矢木 正和
准教授 三河 通男
准教授 ジョンストン・ロバート・ウェストン
准教授 月本 功
准教授 天造 秀樹
准教授 森宗 太一郎
講師 清水 共
助教 岩本 直也
助教 杉本 大志

目指す技術者
■ロボットエンジニアコース
多くの分野で必要とされているロボットエンジニアになるには、コンピュータとエレクトロニクス両方の専門知識が必要ですが、低学年での工学導入教育、基礎工学実験と弱電基礎科目を基礎として、ロボットに関する基礎から応用までロボットエンジニアに必要な、専門分野を教育します。
■デバイスエンジニアコース
デバイスエンジニアを育てる教育機関は非常に少ないのですが、デバイスエンジニアへの期待は非常に大きくなっています。デバイスエンジニアコースでは低学年での工学導入教育、基礎工学実験と弱電基礎科目を基礎として、電子デバイスを作製する上で必要な電子材料から集積回路技術までデバイスエンジニアに必要な専門分野を教育します。

こんな人にお勧め
ロボットに代表される電子技術の応用分野に興味をもっている人や電子材料や集積回路に興味をもっている人にお勧めします。