機械工学科

Mechanical Engineering Course

  • ■ようこそ機械工学科へ
  •  私たちの身近にあるあらゆる工業製品は、高度な機械技術の産物であり、機械技術者の果たすべき役割は広くかつ重要です。そして、近年の技術革新により、コンピュータ とエレクトロニクスが機械技術分野にも広く浸透しています。そこで、機械工学科では、低学年からの早期実践教育、高学年にかけての基礎学理教育、これらの有機的体系 化を目指す総合教育を通じて、機械工学に関する十分な基礎知識を持つと同時に、下記の学習教育目標のもと、産業界において創造的能力を発揮できる学生に育てることを目指しています。

  • ■学習・教育目標
  • (A)広い視野と技術者としての倫理観(倫理)
  •   社会や文化に関心を持ち、社会人としての責任と倫理を自覚する。

  • (B)科学技術の基礎知識と応用力(知識)
  •   自然科学と専門技術を身につけ、それを基本的問題に適用できる。

  • (C)課題解決の実行力と豊かな創造力(実行力)
  •   与えられた課題に取り組み、考え解決できる。

  • (D)論理的なコミュニケーション能力(コミュニケーション)
  •   自分の意志を日本語で理論的に説明できる。英語による表現の基礎を身につける。

  • ■カリキュラム
  •  左の図は機械工学科カリキュラムの系統図です。機械技術者は機械製品を作り出すことが目標です。 機械工学科では,機械製品を作り出すために,機械技術者が身につける必要がある学習内容を,大きく7つの領域に分けています。

新着情報

教育内容

卒業または修了後の進路

中学生の皆さんへ

地域企業の皆さんへ

地域に密着した活動

スタッフ

  • 職名
  • 氏名
  • 校務
  • 専門分野
  • 教授
  • 岩田  弘
  • 地域人材開発本部副本部長
  • 振動工学
  • 教授
  • 山崎容次郎
  • 学科長
  • ロボティクス,機械制御工学
  • 准教授
  • 高橋 洋一
  • 学生副主事,5ME担任
  • 精密加工学,塑性加工学

氏名をクリックするとResearchmapまたは個人サイトが表示されます。
メールアドレスは[E-mail]@t.kagawa-nct.ac.jpになります。