機械工学科

Mechanical Engineering Course

機械工学演習

機械工学演習

与えられた課題についてチームを組み,主体的に問題解決に取り組みます。写真は段ボールによる新製品提案を行う課題の様子です。
3DCADを用いた機械設計

3DCADを用いた機械設計

機械図面の読み書きに必要な基礎知識に加えて,理論計算により設計物の寸法を決定し,実際に3DCADを利用して,左図のような図面作成を学びます。
機械工学実験

機械工学実験

材料と加工,力学,機械制御技術の各分野において,課題を解決するための,計画,実験・解析を行う手法を体験を通じて身につけると共に,得られた結果に対して工学的考察を行う能力,文章でまとめる能力を養います。
創造基礎工学実習

創造基礎工学実習

スターリングエンジンの製作等を通して, 自身が描いた図面と対応させながら,機械製品の加工・組立て・完成・起動・機能の確認までを総合的に体験します。
座学による設計理論の学習

座学による設計理論の学習

座学科目では,機械設計開発に必要な,各種力学や電子制御を中心とした理論を学びます。多くの科目で,アクティブラーニングなどの新教育手法を取り入れ,理論の理解を助けるとともに,学生の主体性,協調性を養います。
卒業研究

卒業研究

各教員の専門分野に応じた多様なスケールの機械に関するテーマで卒業研究を実施しています。得られた成果は,学生による学会発表等の活動を通して,一般に公開しています。写真は卒業研究で開発された段ボール製模型飛行機です。

新着情報

機械工学科の概要

  • ■ようこそ機械工学科へ
  •  私たちの身近にあるあらゆる工業製品は、高度な機械技術の産物であり、機械技術者の果たすべき役割は広くかつ重要です。そして、近年の技術革新により、コンピュータ とエレクトロニクスが機械技術分野にも広く浸透しています。そこで、機械工学科では、低学年からの早期実践教育、高学年にかけての基礎学理教育、これらの有機的体系 化を目指す総合教育を通じて、機械工学に関する十分な基礎知識を持つと同時に、下記の学習教育目標のもと、産業界において創造的能力を発揮できる学生に育てることを目指しています。

  • ■学習・教育目標
  • (A)広い視野と技術者としての倫理観(倫理)
  •   社会や文化に関心を持ち、社会人としての責任と倫理を自覚する。

  • (B)科学技術の基礎知識と応用力(知識)
  •   自然科学と専門技術を身につけ、それを基本的問題に適用できる。

  • (C)課題解決の実行力と豊かな創造力(実行力)
  •   与えられた課題に取り組み、考え解決できる。

  • (D)論理的なコミュニケーション能力(コミュニケーション)
  •   自分の意志を日本語で理論的に説明できる。英語による表現の基礎を身につける。

  • ■カリキュラム
  •  左の図は機械工学科カリキュラムの系統図です。機械技術者は機械製品を作り出すことが目標です。 機械工学科では,機械製品を作り出すために,機械技術者が身につける必要がある学習内容を,大きく7つの領域に分けています。

カリキュラム

卒業または修了後の進路

中学生の皆さんへ

地域企業の皆さんへ

地域に密着した活動

スタッフ

  • 職名
  • 氏名
  • 校務
  • 専門分野
  • 教授
  • 岩田  弘
  • 地域人材開発本部副本部長
  • 振動工学
  • 教授
  • 山崎容次郎
  • 学科長
  • ロボティクス,機械制御工学
  • 教授
  • 上代 良文
  • 寮務主事,総務広報室長
  • 流体力学
  • 准教授
  • 徳田 太郎
  • 教務主事補
  • 材料学,接着工学
  • 准教授
  • 高橋 洋一
  • 学生副主事
  • 精密加工学,塑性加工学
  • 助教
  • 木村 祐人
  • 寮務主事補
  • 統計物理学,輸送現象,計算科学

氏名をクリックするとResearchmapまたは個人サイトが表示されます。
メールアドレスは[E-mail]@t.kagawa-nct.ac.jpになります。