お問い合わせ

お問合せ

トピックス

高松キャンパス
本校の学生が、実用新案権を取得しました
2020/05/25更新

 令和2年3月25日に、本校・創造工学専攻機械電子工学コース2年生の中井静希君、藤井純矢君が考案した「把持圧力測定筆記具」が実用新案登録第3225900号として登録されました。本考案は、紙やタブレットに文字を書くときの把持力を電気信号に変換する測定筆記具を提供しており、取得した電気信号によって文字認識・筆跡鑑定を可能とします。
 今回の実用新案は地域イノベーションセンター及び本校の知財アドバイザー中井博弁理士の助言のもと、学生自らが書類を作成して手続きを行い、実用新案の取得に至りました。カード決済や筆跡鑑定のような場で使用される可能性のある実用性の高い考案です。本考案が世の中に浸透する日を楽しみにしています。

(地域イノベーションセンター)