お問い合わせ

お問合せ

トピックス

高松キャンパス
「有限要素法解析入門」講習会を開催しました
2020/09/16更新

 9月14日(月)と15日(火)の2日間、高度産業人材育成事業として「有限要素法解析入門」講習会を開催しました。
 講習会では、最初にサイバネットシステム株式会社の安藤浩様より「デザインしながら解析してみませんか」と題して、設計と解析を融合したフロントローディングを実現する技術であるリアルタイム解析技術に関するトピックス講演をいただき、受講者の関心を集めておりました。
 続いて本校教員が講師となって、有限要素法を用いた基礎的な解析について、構造解析を題材にして演習を行いました。さらに2日目は、3DCADと親和性の良いWorkbenchを用いた3Dモデル解析について、静解析、熱解析、疲労解析などの解説と実習を行いました。
 これには、県内企業技術者など5名の方が受講しました。受講生は、それぞれの業務に役立てるため真剣に取組んでいました。
 なお、今回は新型コロナ感染防止のため、トピックス講演はオンライン講演で実施し、会場では受講者の間隔を広く開けるとともに、透明防護板を設置するなどの対策を講じて実施しました。
 香川高専では有限要素法解析ツールのライセンスを整備し、学内で多くの教員が教育や企業との共同研究、技術相談等に活用しています。
 本講習会は、2000年より年1回、社会人や企業技術者向けに開催しているもので、(公財)かがわ産業支援財団の新かがわ中小企業応援ファンド等事業の支援を受けて開催しました。

(地域イノベーションセンター)