お問い合わせ

お問合せ

トピックス

高松キャンパス
高松市こども未来館で香川高専おもしろ体験教室を実施しました
2019/11/12更新

 11月9日(土)に高松市こども未来館において、小学生を対象に香川高専おもしろ体験教室「燃料電池車の仕組みについて知ろう!」を開催しました。台風で延期になっていた10月の教室の代わりです。
 当日は全3回の教室を実施し、保護者を含めて21名の参加でした。
 同館4階の科学体験広場では燃料電池車のキットを組み立てて走らせました。また、燃料電池の仕組みをクイズなどで勉強しました。今回は、ノーベル賞受賞が決まった吉野彰さんが開発したリチウム電池の話題も講師の学生が工夫して盛り込んだため、子供たちの関心を惹いていました。
 参加した子供たちはキットの組み立てに道具を使いながら挑戦していました。上手くできないところは保護者や高専生スタッフに助けてもらいながら完成し、最後に塩水を入れてみるとぐんぐん走っていました。
 作っているときの子供たちの真剣な表情や走ったときのうれしそうな様子がとても印象的でした。
 また、講師になった学生たちも慣れてきた様子で子供たちの工作を支援していました。

 なお、次回は来年2月29日(土)と3月1日(日)に開催予定です。

(次世代自動車研究部、地域イノベーションセンター)