お問い合わせ

お問合せ

トピックス

高松キャンパス
地盤工学会四国支部技術研究発表会で優秀講演賞を受賞しました
2019/12/18更新

 香川県坂出市で11月15日(金),16日(土)に開催された「令和元年度 地盤工学会四国支部技術研究発表会」において,本校・創造工学専攻建設環境コース2年生の溝渕一匡君が,優秀講演賞を受賞しました。

 

 講演タイトルは,「柔な補強材により部分補強された盛土の耐震性の検討」(共著者:小竹望(JAFEC USA Inc.),辻慎一朗,横田善弘(前田工繊(株) ,荒牧憲隆(香川高等専門学校))となっています。溝渕君は,盛土や堤体などの土構造物の表層を部分的に補強することで全体系の耐震性向上に寄与できる経済的で施工効率に優れる耐震補強技術について精力的に研究を進めてきました。

 

 今回受賞した地盤工学会四国支部技術研究発表会優秀講演賞は,優れた発表に対して授与されるもので,溝渕君を含め6名の受賞者が決定しています。

 

(創造工学専攻建設環境コース,建設環境工学科)